奥沢すばる動物病院のブログ

奥沢すばる動物病院のブログです。病院からのお知らせや、色んな情報発信を行なっていきます。

6月・7月の予定

そろそろ梅雨入り間近ですね☔️

2年前の6月5日に開院した当院は今年で3年目を迎えます。

地域の皆様に助けていただきながら今日も仕事が出来ていることを喜ばしく思うと共に、奥沢地域の動物達の健康面を支える柱になれればと、改めて気を引締め直しています。

 

さて6・7月の診療予定です。

f:id:subaru-ah:20190607085047j:plain

f:id:subaru-ah:20190607085057j:plain

今月、来月は院長がセミナー・研修に赴く関係で休診日の変動があります。

お手数お掛け致しますが、ご了承ください。

4・5月の診療予定について / GW連休中の診療について

すっかり更新を忘れていました💦

桜も開花して春爛漫。入学式や入園式など新しい季節の始まりですね🌸

元号も発表されましたしね。

平成と令和の切り替えとなる2019年、4月・5月の診療です。

f:id:subaru-ah:20190405182848j:plain

f:id:subaru-ah:20190405182911j:plain

今年のGWは連休期間が長いため、上記のように1日(天皇即位の日)のみ休診日として、あとは定休の木曜日をお休みとしています。

それ以外は通常通りに診療を行っております。

すでに連休中のホテルご予約を沢山いただいております。もう空きが埋まってしまっている日程もありますが、後半の3-6日などはまだ若干の空きもあります。

ご予定のある方はお早めにご連絡ください。

3月診療予定

3月になりました。花粉がとても飛んでいるみたいですね😷

自分の鼻〜喉にかけて取り出して水洗いしたいようなイガイガ感に苛まれています💧

 

遅くなりましたが3月診療予定は以下のようになります。

f:id:subaru-ah:20190301153538j:plain

 

20日(水)のみ臨時で休診をいただきますのでご了承ください。

3/9のセミナーに向けて鋭意、資料作成中です!

セミナーお知らせ 第4弾

最大級の寒気が来ている模様ですね。とても寒い1日です。

今のところ奥沢では雪はそこまで積もらなそうですね。この後の天気がどうなるか次第ですが…

 

さて、少し久しぶりとなってしまいましたが、第4回のセミナーを開催したいと思います。

 

日時:3月9日(土)

時間:12:00〜12:40 午前の診察が終わり次第となりますので少し時間が変動する場合があります。

f:id:subaru-ah:20190209141331j:plain

第4回セミナー 

 

今回は春先から始まる予防についてです。

予防…ワンちゃん、猫ちゃんを飼い始めたらまず気になる項目ですよね。

 

でもこのような事をよく耳にします。

・混合ワクチンの種類やフィラリア・ノミダニなどの予防薬もとにかく種類が多くて分からない。

・そもそも必要ないんでしょ?狂犬病はないって聞くし。

・副作用が怖いって聞くので予防をすべきか迷っています。

 

そのお気持ち、分かります。

なんだか色々と複雑な気がして、難しい事を言われているような気持ちになりますよね。

なので、

一つ一つ、紐をといていきましょう。

そしてきちんとわかった上で選んでいきましょう。

 

今回のセミナーでは要点を押さえて、皆んなが疑問に思う事柄について獣医師の視点から解説を加えていきたいと思います。

 

聴き終わった時には今より一段階、深い理解でペットの予防と向き合えるようになっていることと思います。

 

2月診療予定

寒い日が続くことに加えて関東地方はとても空気が乾燥している日々が続いていますね。

 

ここ数週間は呼吸器に持病持ちの子たちはが増える様相にあります。

十分にご注意ください。

なかなか良くならない咳、くしゃみ、鼻水でお悩みの方はいつでもご相談ください。

 

さて2月の診療予定はこのようになっています。

f:id:subaru-ah:20190127144623j:plain

2月診療予定表

インフルエンザも流行しています。

うがい・手洗いなど基本的な病気の予防に努めて健康に過ごしたいものですね。

1月の診療予定

早いもので本日で2018年の大晦日です。

病院の大掃除はなんとか終わりつつ、家の方は・・・

やり残したことが見えてしまうのが年の瀬ですね笑

 

f:id:subaru-ah:20181231084824j:plain

1月はこのような診察予定となっております。

年始は4日からですが、1-3日も緊急時連絡は受け付けております。

心配な症状があるとき、まずは病院までご連絡ください。

14日は祝日ですが、通常通り(AM7:30-PM19:00)の診療時間となります。

 

それでは皆様、よいお年を。

ペットの出産への備え④難産について

 

subaru-ah.hateblo.jp

subaru-ah.hateblo.jp

subaru-ah.hateblo.jp

 

日本では昔から犬は安産の象徴として知られ、信仰の対象にもなっています。

そのためか現在でも犬のお産=安全と考えられがちですが、昨今の小型犬がメインの状況では必ずしもそうではない事が多いです。

f:id:subaru-ah:20181229100403j:plain

そのためここでは

・難産のリスク要因

・難産の判断

を記載していきます。

 

【難産のリスク要因】なぜ難産になるのか

難産は大きく分けて3つの要因から生じます。

  1. 犬種の問題
  2. 母体側の問題
  3. 胎児の問題

の3点です。

 

1・犬種の問題

以下に難産リスクが高い犬種を上げます。

  • 短頭種
  • テリア種
  • トイ種

が高リスク種と考えられています。

 

短頭種

パグ、シーズー、フレンチブルドック、イングリッシュブルドックなど。

これらの犬種は胎児の頭部が過大となる事が往々にしてあるため、母体の骨盤径よりも胎児頭部径の方が大きくなり、自然分娩では産道に引っかかってしまう事が多々起こります。

これらの犬種では事前の検査で胎児頭数を把握し、胎児径・母体骨盤径を計りリスクの程度を把握しておく事が必要です。

また、これらの犬種では出産前にプロジェステロン濃度を測定し、計画的な帝王切開を予定しておく事も安全にお産をすすめる対策の一つです。

テリア種

スコティッシュテリアなど

一部のテリア種では骨盤の縦方向(高さ)が横方向(幅)に比べて短くなっており、やはり産道内に胎児が引っかかりやすい特徴を備えています。

トイ種

チワワ、M・ダックス、ヨークシャーテリア、トイプードルなど

アメリカでは上記トイ種では出産時における難産の発生率が高いというデータが出ています。

しかしながら他国では別のデータも出ていることから、これらの犬種そのものに難産発生のリスクがあるのか、あるいは家系的な要因(ブリーディングの問題)が組み込まれてしまっているのかは不明です。

いずれにせよ小型犬では十分にお産の経過を観察して、難産に備える必要性があります。

 

2・母体側の問題

母体側の問題としては、出産時に

”産道が拡張しきらないこと”

が最大の問題となります。

  • 子宮筋無力症:低栄養(低カルシウム、低血糖、低タンパク)、高齢出産など
  • 産道狭窄:骨盤狭窄(過去に骨盤骨折の既往あり等)、膣狭窄、外陰部狭窄

などが問題点として上げられます。

 

・子宮筋無力症

母犬の栄養状態や高齢出産などに伴い、出産時の陣痛に対して子宮が収縮せずに胎児が娩出されない状況を言います。

平たく言うと、子宮のエネルギー不足ないしは子宮の力不足です。

病院での処置としては、低栄養状態であれば補充し(点滴製剤によるカルシウム値の補正)、子宮収縮を促すオキシトシン注射を打つ事もあります。

 

・産道狭窄

お産の際に胎児が通過するところの総称を産道と言います。

子宮〜膣〜外陰部を経て胎児が母犬の体外に出るまでの通り道のどこかに狭い部分があると胎児の娩出が阻害されます。

過去に骨盤の骨折をしている症例、外陰部狭窄の症例などが認められます。

帝王切開や、陰部切開など外科的な対応を要する事が多いです。

 

3・胎児側の問題

胎児側の問題としては

  • 胎児過大
  • 胎児失位
  • 奇形胎児

などが挙げられます。

 

・胎児過大

出産予定日を過ぎても分娩兆候がこない場合、初産の場合、胎児数が1-2頭と少ない場合、母犬が小柄な場合など。

母体に対して胎児が大きくなりすぎることを胎児過大といいます。

多くの場合、事前のレントゲン検査にてリスク判断が可能です。

やはり外科的対応となる事が多いです。

 

・胎児失位

胎児が産道内でひっかかってしまい、娩出されない時があります。

胎児の向きや首の曲がり方などでいくつかのパターンがありますがいずれも緊急性が高い事が多く、帝王切開の対象となる事が多いです。

 

【難産の判断基準】

難産の判断基準を以下に示します。

f:id:subaru-ah:20181231083010p:plain

このうち、特に緊急性が高い状況になりがちなのは、

③、⑤、⑥です。

実際に緊急性が高いか否かは病院にて母体の状態、胎児心拍数などを確認しながら判断します。

まずは上記のような状況になる事があれば速やかに病院に問い合わせ指示を仰いでください。

 

”難産かな”と思ったら

動物病院で周産期の動物が来た時に飼い主様に確認することは、

・出産予定日

・体温降下からの時間

・(破水していれば)経過時間

・予定胎児数

になります。

なので何かの時のために、これらはメモを残しておくようにしておいてください。

 

人も動物も、何もないのが一番良いのですが

何が起こるかわからないのが出産でもあります。

備えあれば憂いなし。

十分に備えて新しい家族を迎えましょう。