歯周疾患について

こんにちは。奥沢すばる動物病院院長の宮です。

 

さて、先日ブログにて少し取りあげておりました歯の検診についてです。

 

動物では歯周疾患が多いのは周知の事かと思います。いわゆる歯石というのは口腔内の細菌食餌残渣(汚れ)との塊といわれていますが、では実際にどのくらいの細菌が含まれているのでしょうか?

 

それを目で見えるようにしたものが、チオール濃度検査オーラストリップ検査)になります。これは口腔内細菌が作る“チオール”という物質の濃度を簡易試験紙で色付けしたもので、“色が濃いほど細菌が多い” と目で見て確認することができます。

f:id:subaru-ah:20170728115810p:plain

当院では積極的にこの検査を活用しております。例えば、

・治療の終わった歯が清潔に保たれているかどうかの指標

・これから治療を行う歯の状態確認

・自宅での歯磨きペースを作る上での目安

といった形で診療に取り入れ口腔内の健康を維持するための目安となるように働きかけています。

また、当院では更なる精査として歯周病の原因となる菌を特定・悪性度を判定し、それを効率的に治療するために細菌培養検査(fimA test)も積極的に取り入れております。

 

なぜ口の中に歯石があると良くないのでしょうか?

f:id:subaru-ah:20170728160735p:plain

人では歯周病の影響は全身に長期的に及び様々な生活習慣病を誘発することが知られています。

動物たちも同じで、歯周病の長期化は心臓病が誘発されるリスクが高まることが知られています。また腎臓病、膵炎、糖尿病など多岐にわたる疾患を誘発している可能性が高いとして研究が進められています。

 

8/1〜9/30までの期間、当院では歯磨き応援キャンペーンを実施致します。

※キャンペーン1

 歯科検診受診で → 診察料(初診、再診問わず)+チオール濃度検査を40%off 

※キャンペーン2

 歯科検診にかかる処置 → 期間内のみ15%off

また歯科処置後のアフターケア・歯みがき導入なども随時ご相談にのります。

総合的な歯科検診を実施し、その後の適切な処置へとつなげて1頭1頭の状態に適した最適な治療プランを提示いたします。

 

食欲の秋を前にこの機会を活用して愛犬の健康な歯と美味しい食事生活を一緒に目指しましょう。

詳細をお尋ねの方は当院までご連絡ください。

 

奥沢すばる動物病院

03-6425-8049